2014-04

役割

今春24名の新入団生を加え総勢38名の部員で活動開始となりました。以前は20名弱の部員だった事もあり、通常一日3試合行うオープン戦に2試合フルで出場する選手もいました。私の中でオープン戦も練習の一貫と考え「試合に出場する選手は課題をもってプレーに集中する。試合に出場しない選手は仲間のサポートに撤する。」と、その時その時自分自身の役割を理解してほしい。今まで多くのチャンスを貰って公式戦やオープン戦に出場していた選手にとっては試合出場する機会が減る事で不満に感じるかもしれない。しかし、決して口に出して愚痴を言ってはいけない。なぜなら今まで出場する機会が少なく、ランナーコーチャーやボールボーイなどのサポートに撤してくれている選手がいるのも事実だから。この機会にそんな選手達の気持ちになって、自分の出番が無い時こそ仲間への声援やサポートに撤して貰いたい。仲間への思いやりを大切に出来る選手は高校へ進学した時、とても有意義な毎日を過ごせると思います。選手達には週末のグラウンド内外で何か一つでも多くの事を学び掴んでほしい。
FC2 Management

現在開催されている春季高等学校野球大会地区予選で当球団のOBが各高校でメンバー入りを果たしました。松山高校3年生の鈴木匠(第1期生)が背番号6を背負いスタメン7番ショートで出場して5打数3安打。同日、本年度卒団した山村国際高校1年生の新井章悟(第3期生)が背番号15を背負いスタメン2番サードで出場して6打数4安打。両選手共に素晴らしい成績を残しチームに貢献出来たと思います。是非、この先輩達の頑張りに後輩である鴻巣ボーイズ選手達も胸を張って今週20日の長野(パナソニックカップ)に乗り込んで貰いたい。先輩達に負けない気持ちで勝負に挑む時。今、風を味方に羽ばたけ。

支え

来週20日の長野遠征(パナソニックカップ2回戦)に向け仕事の合間を縫って球団スタッフが各分野で準備に動いています。本大会に限らず年間を通して選手みんなのお父さんお母さん方が日々球団をサポートしてくれている事を各選手達は意識して感謝の気持ちをもって貰いたい。大きな目標を達成するには努力の積み重ねと親の支えが絶対に必要です。鴻巣ボーイズの目指す野球はまず仲間に感心をもつ事で辛い時や楽しい時に仲間達と気持ちを分かち合える。そして親への感謝の気持ちを強くもつ事で何事にも率先した行動を取っていける。感心・感謝の気持ちをもって直向きに白球を追いかける姿から感動が生まれる。野球は団体スポーツ。どんなに野球の才能があっても一人では野球は出来ない。「仲間・家族・スタッフの支えがあるからこそ大好きな野球が出来る」と各選手達には意識して練習に取り組んで貰いたい。

学習

昨日から新1年生もKB学習塾に加わり平日の勉強会が開始されました。その授業の中で講師を努める河西先生が各選手に一つの課題を与えノートに複雑な迷路を書かせ、書き終えた選手達に各自でゴールまで解いてごらんと言いました。勿論、自分自身で書いた迷路だから幾ら複雑に書いても解けますが、河西先生は選手達に"学習"の大切さを知って貰おうと敢えて迷路を書かせました。「どんな複雑な迷路でも1回目より2回目、2回目より3回目と回数を重ねる毎に素早く解けてきます。それは人は学習をするから、みんなが大好きな野球も同じ事が言えます。初めは自分が思う様にボールを投げれなかったのが、沢山練習を重ね出来る様になったはず。」と、とても単純な話しの内容ですが私には奥の深い話しに感じました。初日の授業で河西先生が学習する事の大切さをテーマに選手達に話してくれた事、とても感謝の気持ちでいっぱいになりました。そしてこの場にいた選手達の心に河西先生の言葉がしっかりと響いてくれた事を願い、今後彼らの成長を楽しみにしたいと思います。

目標

先月、沢山の球団関係者に見守られ第3期卒団式と第6期入団式が行われました。卒団生・入団生共に堂々たる姿で今後の活躍を大いに期待がもてる式となりました。そして一昨日は西武ドームでパナソニックカップ(関東ボーイズリーグ大会)の開会式が開催されました。最上級生となった第4期生の成塚主将と関田副主将を中心に第5・6期生これまた堂々たる姿で入場行進してくれた事に今後の活躍を感じとる事が出来ました。これから全ての選手達が新たな目標に向かって走り出して行きます。彼らには決して目標を見失う事なくしっかりと自分の足で前に進んでもらいたい。卒団生・在団生の今後の成長ぶりを私自身楽しみにしています。鴻巣ボーイズ選手諸君がんばれ!

«  | ホーム |  »

プロフィール

konosuboys

Author:konosuboys
(財)日本少年野球連盟
 埼玉県支部所属
鴻巣ボーイズ 監督

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (192)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR